こんにちは。
 
来週30日(木)は磐田北高・磐田農業高受験予定の生徒を対象に

桐光内部模試,「北西模試」を実施します。

30日は入試講習があるため終了後に実施します。

教科は英数理社の4教科で実施します。

Microsoft Word - 2017桐光模試ポスター


















Microsoft Word - 文書1






















こんにちは。

本日,中3生入試講習終了後,先週に引き続き,浜名模試(理社)を実施します。

講習終了後,模試までの時間で短めの休憩がありますので,

軽い食事などを持参してもかまいません。

Microsoft Word - ポスター

理科担当の橋本です。

さて、中1の理科では現在、圧力の分野を学習しています。

もちろん、入試にも出る範囲です。

授業中に「水圧はあらゆる方向からはたらくので、カンなどはそのままの形で小さくなる」

と説明したのですが、沼津港深海水族館で撮影したものがあったのでご紹介します。
DSC_0124_HORIZON2

オウムガイのように、形によってくしゃっと潰れてしまうものもあるようですが、

紙コップはそのままの形で小さくなっています。

問題を正解するためには必須ではありませんが、イメージができると理科はぐっと楽しくなります。

橋本

こんにちは。社会の鈴木です。

先週の橋本先生のブログにも書いていましたが,いよいよ大詰めとなってきた中3の入試対策テキスト,教科ごとに進み方の差が大きい生徒はまだまだいます。

どうしても好きなものから進めがちですが,最後に苦手な一教科だけが残ってしまうと精神的な逃げ場がなくなってしまいます。
得意な教科をとりあえず終わらせてしまったら,あとはひたすら苦手な教科だけに取り組み続けなくてはならなくなります。
苦手教科なので解けない問題も多くなり,「できなかった」が積み重なってくると気持ちに焦りが出ます。
私も学生の時にそれをやってしまったことがあるので身にしみて分かるのですが,これはなかなかきついです。

どうせ最後には全部やりきる必要があるテキストです。少し先の自分が辛くならない努力を,今の自分に課してみてください。

20200120_234322
トコレンジャー応援中です。

こんにちは。数学担当の植原です。

3年生が年始1/4に受けた模試を、先日返却しました。

計算が全て合っていた、X=を付け忘れて点がもらえなかった、などなど言っていたのもつかの間、1/25(土)に また標準模試があります。


そこで、この1週間で数点でもあげられるよう、返却された模試を見ながらアドバイスをしていきました。
作図はどうしても苦手だけど、資料の整理は得意だったり、計算はぽろぽろとミスをしていたけど、関数で多めに点数を取れていたりなど、改善点が一人一人違うので、細かく見ていきました。


計算問題の見直しにしっかり時間をとり、全て正解する。ルートや式の値など、特定の計算が苦手であれば、入試対策テキストで集中特訓する。 図形や関数など、(1)の簡単な問題は取りにいく。証明をなんとか埋めて、1点でも取る。


各々の目標を、しっかりとこなしてほしいと思います。

 

こんにちは。

学年末テストに向けての対策日程表を昨日の授業から

お配りしています。

受験生は公立校入試までは50日を切り,2月初めには

私立入試です。

中1・中2に関しては今年度最後の定期テスト「学年末テスト}

に全力集中し,結果を出してよい形で進級につなげてください。

Microsoft Word - 文書 1







こんにちは。

中1・中2ともに先日行われた「県学調」の結果が出そろいつつあります。

特に中2の結果については,例年以上に難しい教科もあり,福田校に限らず

合計点が伸びていない生徒が多いですね。

平均点などの情報も現段階では乏しくもあり,学調に関する背景がわかり次第

またこのブログで書きたいと思います。

さて,この年は中2生にとって受験生になる年です。

得点が取れなかったといってそのままにしてほしくないと思います。

次につなげる意味で,しっかりと復習すべきところはしっかりと復習して,次の学年

末テストを意識して準備をすべきです。

そこで特に難問ぞろいであった数学,社会に関しては次の日程で補習を実施します

参加してください。

【補習日程(中2限定)】

1月16日(木)数学 午後7:40~8:50分 / 1月21日(火)社会 午後7:40~8:50分

学調の問題を踏まえ,重要事項の復習が目的です。




理科担当の橋本です。

受験まで50日を切りました。

「やるしかない」と言いつつも、つい好きな科目だけ学習時間が多くなっていたりする生徒も見受けられます。

.静岡県の高校入試は理数科などの一部を除き、すべての科目の点数が同じ比重で換算されます。

40点から45点でも、20点から25点でも「同じ5点アップ」です。

点数でもゲームレベルでも、低いときの方が上げやすいのは同じです。

直前だからこそ、「効率的に」総合点をあげるための努力が必要です。

それぞれ、今自分に何の学習が必要か、は教師から話をしています。

「やるべきことをやるしかない」時期です。

thumbnail_2020-01-14-17-24-41-886

天神様も、しっぺいも福田校から応援しています。

橋本

こんにちは。社会の鈴木です。

先週の学力調査テストが今日くらいからそろい出すようです。
テストが終わった当日から様々な感想を聞いています。

福田中は昨日の時点では社会の返却はどのクラスもありませんでしたが,他の校舎ですでに出ている点数を見ると,中2の社会はかなり苦戦した子が多かったです。
学校全体での平均点が10点台前半だったり,40点以上を取れた生徒がゼロだったりという話を複数中学で聞いています。

こういった難しいテストで普段取らないような点数を取ったとき,どうしてもまずは「ショック!」という気持ちがあると思います。
不安にもなるしショックもうける。
それは止めようがないことですが,受け止めて間違えたところの直しをしたあとは気にしすぎないのが一番です。
「みんな取れてないから取れなくてもOK」とまで言ってしまうのは極端ですが,極端に難しいテスト一回の結果を引きずって自信をなくしてしまうのが一番避けたいことです。

福田中では実力テストのときの平均点や順位は例年発表されていません。いつもよりまわりとの比較がしづらくて心配になることもあるかと思いますので,授業の際には他の校舎のようすもあわせて生徒に伝えていきます。

必要な反省をして,次に進んでいきましょう。

↑このページのトップヘ