ラストスパート(晶子)

こんにちは。社会の晶子です。

先の杉村先生の記事にもあったとおり、理社確認テストも残り一週となりました。

社会・理科を交互に行っていたテストなので、全6回のテストとしてはあと一回ですが、社会は今週のテストが

最終回でした。

xlsx1

上記は社会全3回の平均点の推移です。

細かい点数は教室に掲示していますので、また生徒たちにしっかり見てもらいます。

上のグラフで2年生がガクンと下がってしまった⑤のテスト結果は、福田校に限らず他の校舎でも全体的に点数は下がっている傾向にあります。

漢字間違いの出やすい問題がいくつかあったり、苦手とする生徒が多い単元を含んでいたり、内容の変化もあるにはありますが、一番の要因は問題の難しさではなく、学校が始まったことでしょう。

自分の時間がとりやすかった春休みが終わり、久しぶりの学校で新しい学年がはじまり、十分な準備がしきれなかったという子が出るのは理解できます。

しかし、ここで「じゃあ忙しいんだからしょうがないね」、ですませるわけにはいきません。

みんながこれからがんばるべき中間テストや期末テストは、当然学校の授業が進む中で対策をしていきます。

学校のテストまではまだ少し間がある、そんな時期だからこそ、この確認テストに本気で挑んでもらいたいです。

平均点としてはじわじわと上がり続けている3年生にも、個人個人の点数を見ればまだがんばる余地が大きい子がいます。

目標はあくまで志望校合格。そこにむけてがんばる1年として、前向きなスタートにしてほしいです。

このテストでは毎回校舎内のランキングのほかに桐光全校舎のランキングを出しています。

前回の自分や福田校内で比べたら成長している子が多いですが、もっと広い範囲を見れば、まだまだ満足な結果とはいえません。

せっかく塾という場所に来てくれているのですから、張り合う気持ちや焦りを持ってもらえるような機会をどんどん設けていきます。
そのための確認テスト、十分に活用してください。

この積み重ねが学校の定期テストの点数を上げることにもつながっていきます。

新しい先生

こんにちは。

学校では新クラスがスタートしました。

こどもたちにとって学校の先生との出会いは大きなことです。


新しい担任の先生,また新しい各教科の担当の先生,部活の新しい顧問の先生・・・。

生徒同士の会話で,今かなり盛り上がってる話題のうちのひとつなのではないでしょうか。

しかし,生徒達による教師評価というのはかなり辛らつで,ときに聞くに堪えないものもかなりあります。

「ハゲ」とか,・・・言いたいことを言っています。(それは本人のせいではありません。)


誰かが書いていました。(↓)

ひとりの人が一生のうちに出会う人の数というのは,・・・

 

自分となんらかの接点を持つ人が30,000人。

そのうちの近い関係(学校、職場、近所の方)で出会える人は3,000人。

さらにその中で親しく会話を持つのは300人。

親友と呼べるのは3人。

・・・だそうです。



ですから,人が一生で出会う人との縁はすこぶる貴重なものなのです。

 

さて,生徒達には残念ながら先生を選ぶことはできません。

先生との出会いも運命がもたらした「出会い」だと受け止めるしかありません。

ひょっとしたら自分の人生を変えてくれるほどの出会い,となることも否定できません。

その先生の言葉ひとつで何かが変わるかもしれません。自分が最も尊敬する人物になる可能性もあります。


できれば,新しい先生たちとの「縁」を大切にして,良好な関係を築いた方がいいと思います。

IMG_1563



 



中間テスト?先の話ではありません

 こんにちは。

 福田中の「年間スケジュール」にもすでに出ている通り,来月5月中旬の17日(木)に,
1学期中間テストが行われます。

 「テストなんてまだ1ヶ月以上先の話し,・・・」それは確かにそうですが,でもそんなに悠長に
構えてはいられません。

 今は学校ではオリエンテーション,学活ばかりの毎日とはいえ,来週からはさすがに本格的
に授業も進んでいくでしょう,新中1生は部活動の仮入部も始まっていきますね。
そこからがやっと本来の中学生の生活のリズムになり,いそがしくなります。

 ・・・やがてすぐGWに入ります。

 中3生など,なんと修学旅行からそのままGWに突入というスケジュールです。
学校ではおそらく5月1日,2日くらいにはテスト範囲が発表されると思いますが,そこで範囲が
配られたとしてGW後半の4連休前にスイッチがはいるでしょうか。

 なかなか入らず,遊び疲れたGW明けにやっとスイッチオンしたとしても,もう5月7日です。
その日は中間テスト10日前です。それは十分な準備期間でしょうか?

 
 また,今回のテストは内容に関して注意が必要だと思われます。特に新中3,新中2は前学年
の内容がかなり出されると思われます。

 実際に習った時からかなり時間が経過しているため,内容を忘れてしまっている恐れがありま
す。

 上記の内容は私の頭の中で勝手にシミュレーションをしただけですが,このままでは生徒達が
準備不足になる危険性を私は否定できません。

 早めに行動につなげてテストに備えていかなければ!と強く思います。

 現在対策日程を組んで,以下に対策を充実したサポートに出来るか検討中です。

 桐光の対策日程は4/16日より配布予定です。今しばらくお待ちください。



理社確認テスト・英語単語テストもあと1週

 こんにちは。

 遠い昔の話です。

 私が子供の頃は,携帯電話はなかったので,家の電話や公衆電話から

友達の家に電話をするときには数人の仲のよい子の家の電話番号は丸暗

記して覚えていました。

 何回もかけるうちに暗記してしまったのでしょうね。


 

 ところが今は携帯電話という便利なものが出来て機会に登録するので

憶える必要がない・・・電話番号を覚えているのは自分の番号くらいです。

 

 このように憶える機会が失われたことで,自分自身の憶える力も退化

していってしまっているような気がして心配になります。

 


 脳は、「記憶すること」,「忘れること」,両方の力を持っています。

放っておくと「重要でない」と判断された情報から消されてしまいます。

 


 記憶したいことがらは,

①覚える→②(小テスト等で)確認する

これを①インプット,②アウトプットといいます

 

①→②を反復して行うことで記憶が確かなものになっていきます

 

インプットとアウトプットの回数を増やせば絶対に憶えられるのです


 桐光でこの春,生徒に取り組ませた「理社確認テスト」「英単語テスト」

も,あと来週を残すのみとなりました。全6回,毎回この取り組みから逃げ

ずに真っ向から取り組めた人は上記のことを身を持って体験したのです。

今後「憶える」ということに対しての辛さが薄らいでいくことでしょう。

 5月中旬には中間テストが待っています。積極的に取り組めるはずです。

DSCF0236




















DSCF0232



























 
 

 




英単語テスト8位↑3位(中2)

こんにちは。

春の復習期間,英単語テストをずっと続けています。

各校舎の学年別の平均点を出して他校舎の同学年の生徒と比べています。

3月,初回の英単語テストでは全校舎の中でも下位8位。中2生にはその後

意識付けのお話をしたり,叱咤激励したりしてひとりひとりの意識が変わって

くれました。

意識が変われば行動が変わる,行動が変われば成果に結びつき,その小さ

な成功体験はさらにひとりひとりの心の奥に眠っていたやる気を呼びおこしま

す。

そんな良きサイクルに,数名の生徒ですが,変わってくれました。この結果

約1ヶ月後には9校舎中,第3位に上がっています。

新中2生の1位,中郡の生徒も私が教えている生徒です。

福田校の中2生が中郡校を抜いてくれても,一向に構いません。

単語テストは全6回であと2回のチャンス。

まだまだ上がります。



入試平均点が発表されました

こんにちは。

昨日,9日(月),2018年「静岡県公立高校入試」の平均点が発表されました。

★入試結果













 過去最高に難しかった昨年度と比べると,大分合計得点の平均点はあがりました。

特に「超」がつくほど難しかった理科の難度は多少緩和されました。

 一方で,社会は過去最高に難しいものになりました。


 ただ,年によってどうだったとか,平均が上がった下がったとか,どの教科がどうなった

のだとか,細かい話はどうでもいいのです。


 大切なのはどの教科であれ入試問題は難しいものだ,という認識を忘れずに持って,

いつかは誰もが受けることになる入試に向けてやるべきことをしっかりとやるというこ

とです。

そのやるべきこととは,・・・

「基礎力をシッカリ固めておく」   ←これ以外にありません。


 どの教科に限らず難しい問題にも立ち向かっていけるだけの力は磐石な基礎力の上

に築かれます。

 決してすべての問題も難しいわけではありません。数多くある問題の中で基本的な力を

試すような問題も出題されます。様々なレベルの問題が入費問題のは散りばめられている

のです。

 
 結局のところ,学力は問題練習など「演習」によって身につけるしかありません。


 この春,毎週かかさずずっと行われてきた理社テスト,そして単語テスト。

勉強(つまり自宅での演習)をしてくるというのが大前提でした。

 基礎レベルの用語や単語を憶えるという勉強さえも出来ないようでは,中3になって

入試に対処できるはずがありません。


 桐光では小テストをやらせ,憶える機会を作りだしたり,演習を意識してやっているのは,

その小さな積み重ねがこの入試を突破するための力に結びつくということを重く見てい

るからです。








月曜は理科の9時補習 橋本

本日の9時補習『理科』テーマは

圧力の計算

パスカル(Pa)というやつです。
いつも「ラスカル(アライグマ)じゃないよ、パスカルだよ」と言いたくなるのをグっとこらえて説明しています。今の子はラスカルを知っているほうが少数派なので・・・

天気予報でも「ヘクト パスカル」という言葉が耳に入っているハズですが、よほど単位にアンテナを張っている子でないと
「ああ!聞いたことある!」
とはなりません。

1時間しかありませんので、あれもこれも、はやりません(できません)。
「圧力の計算だけはできる」
ようになって帰ってもらいます。

また、今回も課題の提出は明日です。

お待ちしています。

橋本

小学生も,無料体験募集しています。

こんにちは。

宣伝が続いてしまってすみません。

小学生もよろしくお願いします。

※ ↓ 新聞折込チラシではありません。掲示物です。
Microsoft Word - 5月無料体験-002


4月の無料体験実施しています。(中学生)

こんにちは。

今現在,4月度の体験授業を募集しています。

ご兄弟,ご姉妹,お知り合いの方などご参加を心よりお待ち申し上げております。

(↓※新聞折込チラシではありません。単なる掲示物です。)


Microsoft Word - 5月無料体験-001



アクセスカウンター

    ギャラリー
    • GWの理科の宿題の話など 橋本
    • 中学生活,初テスト(新中1)
    • GW宿題冊子
    • 中学生の生活が始まります
    • 5月スケジュールを配布しています。
    • 中間テスト対策
    • ラストスパート(晶子)
    • 新しい先生
    • 理社確認テスト・英語単語テストもあと1週
    記事検索
    カテゴリー