今年の“風”

 こんにちは。

 中3公立高校の受験志願者数の最新データが発表されました。

すでに学校では告知されているので周知のことではありますが,

今年は,磐田西高校が大変なことになりそうです。

前段階の情報における数字からほぼ,変わらず,減少することもなく,こ

のまま入試に突入する可能性が高くなりました。


 今年の入試の“風”は磐田西高校に強風がふくという現段階の予報です。


 福田校には磐田西高校志望の生徒がたくさんおります。戦々恐々として

生徒達の不安な声も昨日はありました。

 しかし,これが本来の入試の姿なのです。

 定員割れを起こしている高校,学科もあれば,人気校に人数が偏るのは

決して珍しい話ではありません。

 各中学校が取り組む,事前選抜の動きが他地区よりまだ強い磐田学区。

競争を緩和させようという先生方の取り組みも,多少は功を奏しても,完全に

地を均す(ならす)ような調整が出来るわけはありません。

 志す生徒が多い,→競争になる,それは,それなりの魅力があるからです。

そこに競争が生まれるのは当然でしょう。そういう高校にラクに入れるほど

甘い世の中ではありません。

 今迄だって頑張ってきたのです。まだまだここから競争に打ち勝つ十分な

力をギリギリまでつける努力を続けましょう。

学年末テスト勉強会実施

こんにちは。

2月11日(月)建国記念日。

この日は学年末テストから数えて

3日前,学校も定期テスト3日前で部活も休み(のはず)。

時間午後1:00~4:00で

勉強会を実施します。〔中1・中2対象〕

Microsoft Word - サイレント発動

「あらゆる向き」 橋本

水圧や気圧がはたらく向きは?

昨日の授業中に問いかけたら

「あらゆる向き!」

と元気よく答えてくれた中1生。

「それが分かる写真を載せておくね」と約束しましたので、載せます。
(写真は沼津港深海水族館で撮ってきました)
DSC_0124_HORIZON2

水圧はこんな感じで「あらゆる向き」からかかるので、形が変わらないまま

小さくなっていきます。

もちろん、構造によっては
DSC_0125_HORIZON
小さくなるどころか、粉々に割れるようですが・・・。

レンズ・音・圧力など。

身近な現象ですが、なかなか難しい分野が今回の学年末の範囲です。

それでも、しっかり理解してから問題を解こうと頑張っています。


橋本

あえて厳しく 植原

こんにちは。数学の植原です。


受験生は、私立入試前日となりました。 

いままで培ってきた力を信じて、臨んできてほしいと思います。

応援しています。



さて、1・2年生も、 学年末テストに向けて、着々と準備をしています。



先日は、1年生のテスト対策を担当しました。 

用語、作図の仕方など、広く復習をしましたが、

「先生、ここって◯◯でよかったですか」
「 ◯◯って、何でしたっけ」
「ここの作図の仕方、これで合ってますか」

などなど、いろいろと質問が飛び出してきます。


もちろんそこで「ここは、◯◯だよ」 
と、教えてしまうことは簡単です。

ですが、それは印象としては残りづらく、肝心のテストで忘れてしまう可能性があります。


ですので私は、あえて「ヒントなし」で、一度やってみる時間を設けています。


自分なりによく思い出して、解いてみる。
もし間違えていたら、そこで初めて、自分の弱点がわかるんです。


間違えることは、恥ではありません。

しっかりと向き合い、得意を増やしていきます。



 

予想外の展開

こんにちは。

入試にはその年の“風”が吹くものです。

磐周地区の高校入試では磐田南についでナンバー・ツーの袋井高校が

大きく定員割れ。〔1月17日現在〕一方,磐田西高校では例年に比べ

現時点で定員をかなりオーバーしている状況です。

磐田西よりもその上の袋井高校の方が入りやすい,という状況から

学校の進路指導でもそちらを進める指導をしています。

つまり,磐田西の受験を危ぶまれる生徒が

磐田西よりもワンランク上の高校に受けに行く?というおかしな状況になって

いきます。

人気度で言えば磐田西の方が上ですから,磐周での入試における

ランキングは,いずれ磐田西高校が事実上磐田南に次いでナンバー2になる

ような気もします。

いずれにせよ,福田地区では磐田西の人気が高いので,今後厳しくなることも

視野に入れて現中2・中1生は,日々努力を積み重ねるべきです。

最後の1問 (稲垣)

昨日、自主勉強に来ていた中3生から、

「数学をもう少しやりたいんで、新しいテキストをください」の嬉しい声。


しっかり解ききっているか中身を確認すると、最後のページ最後の1問だけ丸がついていない。


「これ、なんで丸つけしてないの?」と訊くと

「答えを見ても解き方がわからなくて・・・」


そういう問題こそ質問でしょ!

諦めたらそこで試合終了ですよ!


図を書いて、問題文のポイントに線を引いてもらい、きちんと自分で解けたことを確認した上で、一つ上のレベルのテキストを渡しました。


どんどん解いて、疑問には付箋を貼ったりページを折ってください。

次はこちらから声を掛けていきます。


最後の1問”が入試の勝敗を分けるかもしれません。


新中1 進学説明会

こんにちは。

今週末,新中1の進学説明会を以下の日程で行います。

新年度における新中1の授業は3月からはじまります。

新時間割,指導システムなど,桐光の中学部の授業について

説明します。

塾生兄弟姉妹,お知り合いの方などたくさんのご参加をお待ちしております。



Microsoft Word - 公開中1POSTER


福田校 2月の予定

こんにちは。

1月の最終日を迎え,明日からは2月です。

桐光学院では3月からはじまる新年度に向けた準備をしています。

中3にとっては,初めての入試,私立入試が始まります。

中1・中2生は学年末テスト・・・。

そして,いよいよ中3生の公立入試は約1ヶ月後,カウントダウンが始まります。

合格という夢をたぐりよせるために

頑張れる時期もあと1ヶ月となりました。

私たち教師もこの最後の1ヶ月指導に心血を注ぎます。

Microsoft Word - 文書 1

変化する言葉 橋本

中学三年生が学校でこれから

「食物網(食物連鎖)」

という用語を学習します。

食物連鎖が『(  )』なことに違和感を感じるかもしれませんが

いまや教科書はもちろん、博物館等の展示でも

生態系の食べる・食べられるの関係は一方通行では無いく、網のようだと

DSC_0093

「食物網」の言葉が主に使われるようになっています。
実は教科書の言葉は、年代ごとに結構変わっていきます

先日、静岡市の「ふじのくに地球環境史ミュージアム」に行った際、

「食物網」がパッと見でよくわかる展示がありました。


ちなみに、同じ施設で見つけた中1の学年末テストの範囲の

ヘルマン・ヘッセ「少年の日の思い出」に出てくる蝶やガも展示してありました。
1548235075599

DSC_0120_CENTER

コムラサキは、ほぼ紫色は色あせていましたが・・・。

子供の教科書を眺めて、自分のときとの「違い」を見つけるのも、

ちょっと面白いかもしれません。


橋本

アクセスカウンター

    ギャラリー
    • 学年末終了→中1・中2桐光模試に向けて,そして中3生は
    • 直前13日(水)中2対策
    • 桐光に通う日々も,・・・
    • 学年末テスト勉強会実施
    • 「あらゆる向き」 橋本
    • 「あらゆる向き」 橋本
    • 新中1 進学説明会
    • 福田校 2月の予定
    • 変化する言葉 橋本
    記事検索
    カテゴリー