学年末テスト 朝学習②


出発する直前に外で質問をしてくる子もいます。

DSC01962



当日の朝に疑問に思ったことを解消してあげられると私もやって良かったと思えます。


そして3週間、本気部で頑張ってきた男子もさわやかな笑顔で学校に向いました。


DSC01961


DSC01964


結果を楽しみにしています。

テスト期間中、保護者様には送迎、準備等ご協力いただき本当にありがとうございました。

学年末テスト 朝学習①




夜の対策を終えて、仮眠をとり早朝に校舎へ向います。


夜明けが早くなったなと思いながら車を走らせました。


校舎一番乗りは中1生


DSC01950

DSC01953

DSC01952

初めて朝学に参加した子も一生懸命に最後の確認をしています。

DSC01957

あっと言う間に自転車が並び教室は満席になりました。

DSC01955

外も明るくなってきました。。。

DSC01956


最後の確認をしていざ出発!




中3 理社特訓!


中3の受験勉強もいよいよ佳境です。


残り2週間は、理科社会を中心に最後の追い込みです。


明日2/18【木】7:00~10:10の時間帯で中3の理社特訓を行います。



テスト形式も取り入れながら実施します。


本日、直前対策!


本日学年末テスト対策の最終日です。

新入塾で入った生徒も桐光の勉強量の多さに最初は大変だったかもしれませんが、それを乗り越えてきた子たちは1段階上の力がつきました。

昨日も早くから校舎に来て頑張っています。

securedownload[1] (2)




いよいよ今日は直前対策です。


直前対策 2/17【水】中1・中2対象、午後6:00~9:00



最後の仕上げになります。









変わってゆく子たち


2週間前の新中1説明会から、6年生の授業に取り組む姿勢が明らかに変わってきたことを感じます。


目に見えて変わった子が2人。


1人は能力はあるけど、気分が乗らないとスピードも遅くなっていた子。授業の中で注意することもありましたが、最近は問題に対する集中力が出てきました。

誰よりも早く問題を解き終わり、次の問題、次の問題へと積極的に進めるようになりました。



もう1人は女の子、以前からも真面目に取り組んでいましたが多少ムラがありました。今は授業が始まる前、終わった後に質問をして自分でノートにまとめています。



他の子たちも明らかに力が伸びているのを実感します。



それは、小6定期テストの結果としても出ています。




6


必死で頑張った結果は、大きな財産として生徒の力になります。


中学に入っても、桐光模試という形で実施されていきます。


目指すは1位です。




内申を上げるには必須条件・・・



静岡県の入試では内申点が大きなウェイトを占めるのは、これまでのブログでも触れてきました。


今の中3生にも、そのことを言い続けて2学期には全員の内申がUPしました。


内申UPにもっとも大きく関係するのが宿題の提出です。


これが出来ていないと、関心・意欲・態度でA評価を貰えません。


福田校ではテスト前には各教科の宿題の進行状況を表にしています。


securedownload[2]

シールが貼ってあるところが終了した科目です。

この表や確認テストの結果から、生徒がどのような状況か把握して声をかけています。

生徒もみんながやっているから自分も頑張らないと・・・という気持ちになってくれます。



私立高校全員合格とその後の授業


昨日は中3生の私立高校合格発表日


無事に全員合格してくれました。


まずはおめでとう


でもみんなの目標はまだ先にあるよね。


昨日は一昨年の数学の入試問題を解いてもらいました。


入試問題ということで肩の力が入っていたのかもしれませんが、終了3分前でもずっと解けない問題を見ている姿を見て思わず叱ってしまいました。



入試本番の数学は一番危険な科目です。


解く時間の短さ、緊張感、見たことない問題に対する焦り。


これらが一斉に襲ってきます。


そして最も多い失敗の1つが計算ミス、問題の読み落としです。


だからボヤっと「見直しは大事」という言葉だけで終わってはいけないのです。


残り5分をきったら、どんな状況でも見直しをするという強い意志が必要で、癖をつけないといけません。


「残り5分をきったら見直しをする!」

これを心に決めて受験できる生徒は多くありません。


残りの授業では毎回この言葉を言います。


3年生が悔いのない受験ができるように、私も悔いのない授業をしていきます。

slamdunk_25_024[1]


テスト前のサイレント週間と声かけ


先週から福田校ではテスト期間中の緊張感と勉強に集中できる環境をつくるために授業の前後は教室内での私語を禁止にしています。


今日も対策の5分前には、みんなが集まり勉強しています。


securedownload[4]

securedownload[1] (5)

このような勉強している環境や写真を見るとみんな頑張っているように見えます。

ですが、実際はそれぞれに色んな課題があります。


私は毎回授業に行く前に、この子に話をしよう、声かけをしようと決めて向かいます。

それは褒めることだったり、厳しい言葉だったり色々ですが、生徒はいつも真剣に話を聞いてくれます。


もちろん、そこから行動が変わることが大事。

私の言葉、福田校の教師の言葉を聞いて、行動に変えてくれた子がもっと増えていくよう、気持ちの入った指導をしていきます。

確認テストは確認するためのものではない。


今日の本部校のブログの記事にありました。

実力確認テストは文字通り、確認するためのテストではなく「しっかりと覚えてきました。」ということを示すためのテストだと。

私も同じ意見です。

やはり、点数をとる子はこの実力確認テストでもほとんど間違いがありません。

1発で合格していきます。

今回のテストの結果を掲示したときに、ある生徒から言われました。

「追試になりたくないから頑張って覚えてきた。」

そう、頑張って覚えてきてテストを受けてください。

1週間前に間違いが20個も30個もあってはダメだよね。


桐光学院本部校ブログ http://honbu.blog.jp/archives/1052122889.html
アクセスカウンター

    ギャラリー
    • GWの理科の宿題の話など 橋本
    • 中学生活,初テスト(新中1)
    • GW宿題冊子
    • 中学生の生活が始まります
    • 5月スケジュールを配布しています。
    • 中間テスト対策
    • ラストスパート(晶子)
    • 新しい先生
    • 理社確認テスト・英語単語テストもあと1週
    記事検索
    カテゴリー