英語学習の問題点③

「英作文が苦手」について

 最終回の今日は、英作文についてです。

まずは前提として、「英作文」=「英文を作る」と思っている場合、それはNoと考えてください。英作文が得意な人は、与えられた日本文を英語に直す際、「一気に(3~4語まとめて)」書いています。

 「一気に書く」ためには「単語を知っている」「単語の(書く)順番(並べ方)を知っている」ことが必要となりますが、例えば「私は学校に行く。」を英語で書くとき、I go to あるいは、I go to school.と一気に書きませんか?その時、「考えながら」「英語を作りながら」書いているのではないのです。その英文を何度も見たり聞いたりした為に「書ける」だけのことなのです。

「英作文」は「英語を作るのではなく、一気に書く」と言いましたが、書ける英文は自分が今まで「見たことがある」か、「聞いたことがある」英文となります。このことが、英作文を英借文と呼ぶ理由でしょう。

 

=英作文に強くなる方法=

 例えば、次のような問題があるとしましょう。

《問題①》

次の日本文の意味を表す英文になるように(  )内に適語を入れよ。

  彼は3人の中一番背が高い。

 He is the (           ) of the three.

 

  大半の生徒は自分の解答が正解なら○を付け、間違いの場合は正しい答えを書き入れる。

これが普通でしょう。このやり方[勉強法]では、以下の問題は解けても時間がかかります。

 

《問題②》

次の日本文の意味を表す英文になるように、(  )内の語を並べかえよ。

 彼は3人の中で一番背が高い。( tallest, the, the, he, three, is, of ).

                                                               

 

《問題③》

次の日本文を英語に直せ。

 彼は3人の中で一番背が高い。

                                              

 

 生徒からすれば《問題①》は「虫食い問題」で、《問題②》は「並べかえ問題」。そして《問題③》は「英作文」かもしれません。しかし、教師からすれば、全て「同じ問題(英作文)」なのです。ただ、《問題①》の問題なら生徒は答えやすく、平均点が上がり、教師としても採点が楽。というだけのことでしょう。

そして次のような問題は、

《問題④》

次の2つの英文がほぼ同じ意味を表すように、(  )内に適語を入れよ。

There was much rain last year.

= We (        ) much rain last year.

 

文意は「昨年は雨が多かった。」や「去年は大雨が降った。」です。(  )内に正解を入れて終わるのではなく、「昨年は雨が多かった。」や「去年は大雨が降った。」の英作文の答えは、There was much rain last year.でも、We ( had ) much rain last year.でもよいということを覚えること。英作文の解答が2つも覚えられる「おいしい」問題です。

 結論として、英語はどんな問題形式であっても、完成した英文を「英作文」の模範解答として覚えることが目的であることを知るべきです。それをせずに3年間英語を勉強してきたのなら「英作文」ができないのは当然のことでしょう。

 英作文上達の近道は、「基本文を覚える」というより、教科書・参考書・問題集で「見た」「解いた」英文を全て「英作文」の素材(ネタ)として覚えることにあります。

 

以上、木曜日から英語学習の3つのポイントを述べてきました。皆さんの英語の得点アップの一助になれば幸いです。瑜伽


英語学習の問題点②

「長文が読めない」について

 こんにちは。今日は「長文が読めない」とは?を考えてみます。

(中日新聞より)

 官房長官は午後の記者会見で、定期点検中の中部電力浜岡原発(御前崎市)3号機について「専門家の間に一定のコンセンサスができていない状況で再開するのは、政府がどう考えるかという以前に事実上困難だ」と述べ、早期の運転再開に慎重な考えを示した。

 

この「日本文」を1回読んで、要旨(何を言いたのか?)をつかむことは難しいことです。しかし、解りにくい表現があっても、何となく「浜岡にある原子力発電所を動かすことは難しい…」ということは読み取れますよね。その段階で「私はこの文が読めない」とは誰も思わないのではないでしょうか。つまり文章を読むに際しては、「何が書いてあるか?」程度の読解力(?)で十分なのです。同じことが英文(読解)にも言えるのではないでしょうか?

 

特に中3生の模擬試験の場合

「長文が読めない」という人は、書いてある英文の全てを訳そうとしてはいませんか?又、全文が訳せなければならないと思い込んではいませんか?みんなが言う「長文」とは学調など実力テストの長文問題を指していると思われますが、その英文(問題文)は設問を解くためにあるだけで、設問の答えとなる英文の意味がわかれば、全文を訳す必要はまずないのです。

 

英語の得意な生徒

  実際、英語の得意な人(高得点者)は、問題文には目を通しますが、その読み方は「適当」「だいたい」だといいます。だから短時間で問題を解いてしまい、友達は驚きますが、本人は「適当に読んでるのに…?」と思っているようです。

英語が苦手な生徒

一方、英語の苦手な生徒にかぎって「必死に」全ての英文を読んで、意味をつかもうとします。よって時間がかかり、余計なことを考えて間違った答えを出すことになり、長文が読めないと嘆くことがあります。

 

 特に試験では与えられた英文の全てを読んで訳す必要はないのです。問題文の3分の1以上は問題を解く上必要ではない内容なのです。「英文が訳せない」=「得点が低い」のでは決してないのです!問題を解く時に「どの文を訳せばよいか?」を見極めること。つまりは長文問題で得点が取れる「読み方」を身に着けるべきなのです。

 私はこの「(長文の)読み方」を教えることを心掛けています。

 

次回は「作文が苦手」についてです。 瑜伽

英語学習の問題点①

こんにちは。

今回はややお堅い内容です…。

どの科目もそうですが、特に英語となると一朝一夕には得点が上げにくい教科と言われます。そこで今回から下記の3つについて書いて行きますね。

内容は特に英語が…という生徒対象です

 

●英語学習の問題点

① 単語が覚えにくい 

② 長文が読めない    

③ 作文が苦手 

 

 ①「単語が覚えにくい」について

  記憶力が…と言う前に「昨日覚えた単語を今日はもう忘れている…」これが自然だと考えましょう。日常生活で使うこともなく、テストの時以外は必要とも思わない英単語。数回書いた程度で覚えることは至難の技かも?

 

<=単語を覚えるとは?= 単語を書いて覚える人へ>

   単語を覚える時、大半の生徒は「書いて」覚えようとしますね。それは小学校1年生から始まった「漢字の書き取り」の方法と同じと言えます。

ここでいう「単語を覚える」とは、①「その単語の音(発音)を覚える」②「その単語の意味を覚える」この2つが大前提。この段階で「単語を覚えた」と考えましょう。そして③「その単語のスペルを覚える」場合は、テストの「書き」の問題で出る可能性がある、つまり「英作文」で使う可能性がある時に行うことになります。

  よって、「その単語を目で見ながら、発音と(日本語の)意味を何度か言ってみる」ことで単語学習はOK.テストなど実際書けることを試される時までに書けるようにしましょう。

 

           ①発音を覚える

 ●単語を覚える           +③スペルを覚える

           ②意味を覚える

 

 先日、英語検定の合否がでましたが、その「英検」、そして大学入試に「センター試験」がありますが、いずれの試験でも解答する際には1語の英単語も書きません。(「マークセンス式」)。このことからも、英語が苦手な生徒は、英単語は「書ける」よりも、「読めて、意味が分かる」を優先させてはどうでしょう。

 

 次回は②長文が読めない についてです。瑜伽

 

今後のテスト日程


こんにちは。

福田校の坂井です。

今週末から来週にかけて全学年、様々なテストがあります。

そこで何を優先して勉強していくか。


3年生特進クラス

10/30(木)特進模試                   午後6:00~10:00

11/1(土)学調テキスト達成度テスト          午後1:00~3:20

11/2(日)秋期確認テスト(講習の中で行います)  午後1:00~3:40

特進クラスは全部で3つのテストがあります。中でも大切なのは特進模試です。

特進模試は、難関校を狙う生徒が桐光全体で受ける試験になります。
学校では上位にくる生徒ばかりの中で自分の位置を知り、1点の重みを知る。
そして、本番で力が出せるように試験慣れをすることが目的になります。

特進クラスの生徒はこの模試を目的意識を持って受けてほしいと思います。


3年生SクラスAクラス

11/1(土)学調テキスト達成度テスト       午後1:00~3:20(英、理、社テキストP25まで数P15まで)

11/2(日)秋期確認テスト(講習中)        午後1:00~3:40(秋期テスト範囲表から)


S、Aクラスは2つのテストがあります。学調テキスト達成度テストは学調テキストの内容から出題されるものになります。

ここまで多くのページを進めてきていますが、やりっぱなしにはなっていませんか?

間違えたところを出来るようになることが真の目的です。

必ず、見直しをしてから臨んでください。同じ問題を間違えたら意味はありませんよ。


そして、今熱い戦いが繰り広げられている。秋期確認テスト

2回目の結果は1回目と大きく変わりました。

掲示




1番点数が上がったのは S・A君(まだ合格点には届いていないけど。)

2番目はA・Yさん(見事合格点!直前まで一生懸命勉強していたね。)

同じくM・Mさんも大幅に上がりました。(約束通り、自分で勉強してきたね。)

100点をとっている生徒も増えています。


一方で愛のペナルティを受けている生徒もいます。

もうすでに3回分練習したよね?次は期待しているよ^^



1つ1つのテストには意味があります。ただ受けるだけではせっかくの時間がもったいないです。

必ず準備をして臨んでください。


自分の武器


こんにちは。


最近は色んな生徒と面談をする機会が増えています。

理由としては、努力が結果に結びつかなかったり、何からやればいいか分からなかったりということで話をしています。

どの生徒も、みんな「がんばっている。」のです。

しかし、それが結果に出ない。

それが続くとがんばっていたことも出来なくなっていく。

そのような悪循環だけはどうしても避けなければなりません。


そこで、まずは自分の得意な(ほうの)科目を2科目、もしくは1科目でもいいから集中してやってほしいとアドバイスをしています。


全部やろうとして、何も出来なくなるより、まずは1つ自分の武器を作る。

それが自信になり、勉強から逃げなくさせるのです。


期末まで時間に余裕がある、この時期にすることは軸になる科目を1つ2つと増やしていくことです。

それが2週間後の追い込みの時期に必ず生きてきます。


来週の実力確認テスト。どのような結果が出るか楽しみにしています。



ちなみ私の武器は「数字を覚えること」

みんなの点数がどれだけ伸びたか、内申点はいくつか、誕生日はいつだったか・・・・

車のナンバーも自然に覚えようとする癖は直そうと思います。


坂井でした。











一次関数という壁


こんにちは。

福田校の坂井です。

3年生の話題が多くなりがちですが、2年生も頑張っています。

今学校では、一次関数という分野の勉強をしています。

これが、数学が苦手な人にはとってもきつい。


グラフ

代入

連立方程式

おまけに面積を求めろやら、点が動いてくるやらで数学が得意な生徒でも苦しみます。



そう、かくゆう私も中学時代、ここで苦しみました。

勉強しないと出来ないということに初めて気づかされたのです。

福田のみんなにはこの壁でぶつかってほしくないのです。


福田の2年生は桐光全体の中でも数学の力があるクラスです。

前回の桐光模試では9校舎中2位の成績でした。

計算力にかけてはどこの校舎にも負けないくらい基本が出来ています。

そんな力を持った彼らに更なるレベルアップを求めて個別の補習を行いました。

レベル別の特訓を行うことで、それぞれが多くの問題を解くことが出来ています。

ddd福田
fff個別
f個別


そして、来週(11/3月)午後1時~3時20分には
2年生、1年生対象の実力確認テスト
を行います。科目は英語、数学、理科、社会です。そこで、今の自分の力を知り課題を見つけて期末テストに臨んでほしいと思います。


まずは、与えられた範囲のテキストのページをしっかりやりこんで来てください。

英検の合否は?

こんにちは。

昨日(10/24)に英語検定の結果が公表されました。福田校では5級にチャレンジした小学生を含め、16名が見事合格を勝ち取りました。中には高校2年生(センター試験)レベルの準2級(一次)に合格した生徒もいます。ただし、3級・準2級は「二次試験(口頭試問)」を経て合格となります。

これから、福田校では二次試験に向けてガイダンスを行っていきます。

なお、英検協会のホームページで二次試験のだいたいの流れを体験することができます。無料ですので、試してみてください。 瑜伽
英検協会ホームページの一番下にある「バーチャル二次試験」から入れます。

英語検定協会 http://www.eiken.or.jp/eiken/

小6ハロウィン工作


こんにちは。

福田校の坂井です。

先日福田校では5年生以下はハロウィンカード作り、6年生はハロウィン工作を行いました。


6年生の工作は瑜伽(ゆが)先生が英語を交えて楽しそうに行っていました。


私は途中から参加しましたが・・・


生徒は工作に超夢中


IMG_0546IMG_0559

IMG_0564IMG_0550



嬉しそうに出来た作品を見せてくれました。

今回6年生が作ったのは毛糸を使ったリースです。

それぞれが独創的な作品を作ってくれ、改めて子供の発想力に驚かされました。


ちなみに本日は漢字コンクールが行われていますが、そこでは独創的な字が出てこないことを祈るのみです。



福田校の10本刀



こんにちは。

福田校の坂井です。

映画「るろうに剣心」がヒットしているみたいですね。ジャンプ漫画の実写化で成功するのは極めて珍しい気がします。「デスノート」あたりは良かったと思いますが・・・


さて、中間テストの結果もほぼ揃いました。

今回3年生はSクラス Aクラスともに点数を伸ばしており、200点を越えたのは、10名に上りました。


そんな 福田校の10本刀のみなさんです


IMG_0567

※ 恥ずかしがりやさんが後ろに1名隠れています。


しかし、200点超えといってもその中身はそれぞれ違うわけです。

点数を伸ばして初めて200点を超えた生徒

自分の壁を1つ超え250点に近い点数をとった生徒

かろうじて200点を超えた生徒

惜しくも200点に届かなかった生徒もいます。


各生徒に声をかけて場合によっては面談もしています。


次の期末テストでは、タイトルが福田校ベストイレブンに変わるよう期待しています。

9人に減ったらベストナインになってしまいます。

私の夢は

FDK48
(ふくでこう48)


夢と点数は大きくいきましょう。


坂井でした。







アクセスカウンター

    ギャラリー
    • 中3の授業
    • 中3の授業
    • 中3の授業
    • 漢字検定の締め切りが迫っています。
    • 受験生になる
    • 実力アップ講習
    • 桐光定期テスト(小6)
    • 実験大成功,大盛況!(小6)
    • 実験大成功,大盛況!(小6)
    記事検索
    カテゴリー