新中1 個別授業 (数学:鈴木ひろよ)

こんにちは。

新中1の個別授業がいよいよはじまりました。

まずは数学からスタートです。

昨日30日は数学に直結する小学校の内容を確認しました。

問題演習をさせながら,定着度を確認していき,

つまづきがある場合はその場で解きかたを教えていきました。

福田校の新中1生は新中1ながら解くときの食いつきがスゴイです。

集中力も申し分ありません。

まずは中1の最初ということもあり,体験的に個別授業の参加を促して

いますが,これからは積極的に大いに個別授業を利用してほしいと思います。

IMG_1538




















IMG_1534

IMG_1536








































本日は数学9時補習(鈴木ひろよ)


本日は第3回目の「数学9時補習」があります。
1回目・2回目は,中1~中2の基本問題(計算・関数・立体)の総復習を演習形式で行いました。

こちらの教材でしっかり基礎を復習したあと,
次になにをやるかは生徒により異なります。

応用力をつけるために「ハイレベル文章題」に進む生徒,
苦手克服のために「体積・表面積」を進める生徒もいます。


全部で6回あることで,広い範囲の復習がしっかりできます。
家でさらに意欲的に教材を進めてくる生徒はすごい量をこなしてきます。

そんなかんばる生徒たちが
お互いに与える影響力は
とても大きいです。

さあ,残り4回 力をつけていきましょう。


Book11



個別指導で小学校英語スタート(小6)

 こんにちは。


 次の「学習指導要領」の施行の年,つまり
2020年度から本格的に小学校の英語

が始まっていくのは保護者様はご存知と思います。


 それを受けて,早めに今年の2018年度から変え始める自治体や学校もあります。


  56年生は小学校で今も英語をやっています。といっても・・・,

 それは「教科」としてではなく「外国語活動」としてやっているだけです。

 

 つまりそれは「コミュニケーションに対する関心・意欲・態度を育てること」

が目標なので,例えばゲームをやったりして遊び感覚で英語を使うことに親しま

せればいいのです。“キッズ”対象の英会話スクールがやっている手法です。


 しかし,今後それが「教科」として教えるとなると,まったく違ってきます。

 


「教科としての英語」となると,できなければならない,憶えなければならない

ことが出てくるからです。

 


 その結果,教科書を用いて教えられ,成績もつくようになるわけです


 ・・・こんな風に今は,小学校低学年から,高学年,中学,そして高校,大学入試へ

すべてにおいて「英語教育」が変わろうとしているご時勢の中に我々はいます。


 さて,桐光学院の現小6生の指導は西遠学区では集団で英数国理の指導をしています。

一方,磐田学区の竜洋校と福田の校舎では,小6生は個別指導で指導しています。


 この個別指導のメイン教科は算数・国語ですが,竜洋校・福田校の


 小6個別指導でも,英語も少しずつではありますが指導を

始めていきます。


 「楽しく」の部分は学校の「外国語活動」に任せるとして,桐光では中学校英語に

スムーズに入っていけるように,「憶える」「練習」することを負担に感じさせるこ

とのないよう,少しづつ習得させていきます。

IMG_9819


























IMG_9821






 

 

 


 

日々の積み重ね

こんにちは。

言葉の勉強でもある国語と英語では語彙力は大切です。

国語でも英語でも,文章を読むためのテクニックは練習すればそれなりに身につきます。

しかしながら語彙力は急に増やすことはできません。

先々週から英語では毎回30問の単語テストを行っています。

あらかじめ配布されている単語範囲表の中から同じ単語を30問,テストでは範囲表とは順

番をシャッフルして出題しています。

桐光学院全9校舎全てで行っています。

合格は27点以上ですが,生徒には「満点を取れるようにして準備勉強をしてからのぞむよう

にと言っています。

平均点を集計して校舎間で競争していますが,福田校の合格率は9校舎中残念ながら下位の

ほうです。

平均点が上がらないという実情は,得点がとれる生徒=しっかりと事前に勉強してテストにの

ぞむことができる生徒,一方,単語の練習を事前にシッカリとやってこないでテストにのぞむ

姿勢のある子の割合にかたよりがあるということです。

後者の生徒が多ければ,平均点は下がります。


そもそも英語の実力とは関係ありません。

単語を憶えることができない生徒は福田校にはひとりもおりません。

努力をすれば全員が満点が可能なのです。

定期テストにしろ,静岡県の入試にしろ単語が書けない様では点数を取ることは出来ません。

積み重ねの教科における,普段からの小さな積み重ねがやがて磐石な実力につながります。

さて先週,散々な結果の生徒に対しては叱咤激励をしながら,事前の勉強を促しています。

今週本日より行われる第3回目の単語のテスト結果が楽しみです。




 

 

桜の次はチューリップ

こんにちは。

先日,私も浜松のフラワーパークまでお花見に行き,満開の桜に酔いしれました。

桜の見事さは言わずもがな,・・・なのですが,フラワーパークでは,たくさんのチューリップ

も見事なほどきれいに咲いていました。

あの独特なチューリップの花の形,とってもチャーミングですよね。

チューリップもまた桜とはまったく違った趣のある春らしい花です。


さて,福田校にも球根のときから育て上げたチューリップのプランター

があるのです。昨日やっとそのうちの1本がピンク色の花をつけました。

頑張って咲いたチューリップの姿に刺激されて,きっと他のチューリップもいま頑張っている

最中だと思います。


「先を越された!」と思うのでしょうか。

「あなたよりきれいに咲いてやろう」と,いう感じでしょうか?

それとも,「私は私。自分が咲くべきときに咲くのよ!」というのでしょうか。


きっと,来週あたりには残りのチューリップも続々と咲いて,福田校の玄関

をよりカラフルに彩ってくれることでしょう。

DSCF0118





















DSCF0122




















撮影は橋本先生です。私と違って写真の撮り方が上手です。
DSCF0124







パズルでアタマの体操

こんにちは。

生徒達に楽しみながら頭を鍛えてもらおうという考えから,

いわゆる「知育玩具」なるものをおこうと,いろいろなお店を

まわりました。

結局のところ「パズル」というものに行き着きました。

私の感性で2種類ほど選んで,今校舎においてあります。

いかにもパズル正統派らしい「将棋パズル」と,

一見変わった「焼肉パズル」。

圧倒的に「焼肉パズル」が人気を博しております。(予想通り)

ちなみにこのパズル,最終的に完成にこぎつける喜びの他に

肉の部位の名前が覚えられるというメリットがあります。

DSCF0112











































DSCF0113











































DSCF0132

中2理科の9時補習 橋本

3月19日から、毎週月曜日に理科の補習授業を行っています。
希望者のみの参加ですが、2年生の約8割が受講しています。
DSCF0149

テーマは「計算」

理科の計算問題は苦手意識を持つ生徒が多いのですが、
よく出題されるので、点数を稼ぐチャンスとも言えるのです。
(数学に比べて、ルールさえ分かってしまえば計算自体は簡単ですし)

第一回(3/19)   密度の計算
第二回(3/26)   水溶液の濃度計算
第三回(4/2予定) 音の計算 フックの法則
第四回(4/9予定) 圧力の計算
第五回(4/16予定)地震の計算

少なくとも「計算だけはできる」ようになってもらう1時間ですが、

生徒には翌日に追加の課題を出して初めて意味がある補習

だと伝えています。当日、遅くとも翌日に同じ内容の計算問題を解くことで
知識の定着をはかっています。


こっそり「課題はできるだけ早くやる」という習慣が身についてくれたらいいなぁ、
という希望も持っています・・・

橋本でした。

学習相談について

こんにちは。
 今回は,新中2,そして新中3保護者の皆様方へのお願いです。

今週に入り,26,27日よりお子様を通じて配布させて頂いたお手紙がございます。
 黄色い封筒で,カレンダー,送迎の注意事項と一緒に同封させていただきました。
 4月から予定している福田校での学習相談(三者面談)のご案内です

 保護者様、ならびにお子様と勉強や進路についてお話する場を設けたいという趣旨です。
  保護者様におかれましても,時期も時期,諸事お忙しいこととは存じますが,ぜひ学年
  がスタートするこの時期にお時間を設けていただければ幸いです。
 
 特に新中3生は進路に関して保護者様やお子様のお考えもお聞きしたいという私の希望
  もありできれば万障繰り合わせのうえ,ご参加を重ねてお願いいたします。

  (実施時期は4月以降となります。後日別紙にて日時を設定させていただきます。)

 何卒よろしくお願いいたします。

                          福田校校舎長 杉村賢志

ブログについて

 こんにちは。

  

 スマホの普及率について(昨年度)調べてみると,10代や20代の

スマホ普及率はいまや90%超えだそうです。

 

 一方,2013年から最も普及率を伸ばしたのは「専業主婦」で, 2.4

倍になり64.4%にアップ。お母様方のスマホ率もうなぎのぼりです。

 

 いまやシニア世代でもスマホを利用している方を見ます。

 だれもがどんな場所からでもスマホからインターネットにアクセス

して情報を引き出せる時代になってきました。

今後さらにこの数字が高くなっていくと思われます。

 桐光学院の情報もブログを最大限に活用して,メールとあわせて保

護者様のコミュニケーション・ツールとしております。

 保護者様へお知らせしたいことは真っ先にブログにアップいたします。


そのほかにも福田校の今がわかるように各教師がいろいろな記事を書い

ております。

 

これからも保護者様からのアクセスもお待ちしています。

Microsoft Word - 2017ブログ宣伝

 

 

アクセスカウンター

    ギャラリー
    • GWの理科の宿題の話など 橋本
    • 中学生活,初テスト(新中1)
    • GW宿題冊子
    • 中学生の生活が始まります
    • 5月スケジュールを配布しています。
    • 中間テスト対策
    • ラストスパート(晶子)
    • 新しい先生
    • 理社確認テスト・英語単語テストもあと1週
    記事検索
    カテゴリー