これからの道のりが勝負(中3)

 こんにちは。

 福田中では,今週で中3の進路指導面談週間も終わります。

すでに終了した生徒に関しては面談の事後報告をそれぞれ聞いています。

面談においては,2学期内申点の全容までは教えてくれないようですが,

1学期の内申点との上がり下がり,もしくはクラスによっては合計点のみが

伝えられているようです。

 幸いなことに,塾生に関しては軒並み内申点は上がっています。

中には4~5と大幅アップに喜んでいる生徒も数名います。

 テストの得点だけではなく,提出物・授業態度を含めた教師の総合的な評価

によるものですが,受験校の決まるこの時期において,今年の福田中の先生の

評価は生徒に対してできるだけよい形で評価していこうという姿勢の表れととら

えることが出来ます。桐光の他校舎,他中学の生徒の中には,得点などで成果を

出した努力の割りに渋い評価を与えている中学も少なくないのです。

 私の教えている他校舎の生徒でも,結果に涙を流すほど悔しい想いをした生徒

がいます。

 得点の割りに,・・・というと失礼ですが,福田中の生徒は,私の感覚では,好意的に

評価されているようです。

 そもそも内申点はその性質上,教師による印象点という側面をぬぐいきれません。

 内申点が上がることは確かに大きなアドバンテージですが,今後,懸念されるのは,十

分な内申を獲得した生徒が安心しきって心が緩み,勉強しないことです。

 受験生の中には内申点が足りず,本番の得点で勝負してくる生徒も中に入るはずです。

そういう生徒は,覚悟を決める思いで,のこる2ヶ月間を死に物狂いで勉強し,得点力

をすさまじい勢いでつけてきます。入試において「大逆転」で合格する生徒,また一方で

十分な内申点がありながらも,結果,思わぬ結果になってしまう生徒。この両者の違いは

ここからの学力の伸び具合によるものです。

 入試は競争です。油断したものがその競争に敗れることになる,このことを忘れないように

して欲しいと思います。


今週末は冬至 橋本

今週の土曜日は冬至です。

「ゆず湯に入る日」「カボチャを食べる日」「一番夜が長い日」

楽しそうに答えてくれるのは中2までで、

中3は「勉強の話か」という顔(真剣だったり、微妙な顔だったり)

になります。(今まさに学習中の分野なので)


ゆず湯やカボチャの理由に関しては「風邪予防」を軸に

諸説あるようですが

「夜や昼の長さが変わるのはなぜか」

という問いには、中3は答えられるようになっています。

普段なかなか意識しないことではありますが、

希少な「生活に直結した勉強」分野ですので、勉強を通して

「なぜ?」を説明できる喜びを感じてくれたら

嬉しいなぁ、と思ったりします。


橋本



社会 確認テストについて(鈴木)

こんにちは。社会の鈴木です。


今、中3の社会の授業では毎時間前の授業のチェックテストを行っています。
普段はだいたい20問程度の問題数で×1つまで合格、という形になっています。


ただ、ちょうど昨日の範囲は少し短く、10問のテストで満点合格という内容でした。
問題数が少ないこともあり、当然ほとんどの生徒が満点合格です。

10問くらいだと、直前に5分も見直せばそっくり覚えきれます。

ただ、それが倍の問題数になると、合格者がぐんと減ります。
覚える作業の得意不得意がありますから、単純に倍の10分勉強したらバッチリだよ、という生徒の数は比例しません。


しかし入試の範囲は中学時代のすべて。
そこに向けてがんばるこれからの時期に、20問のテストで準備が足りず合格できない、という状況を続けていいわけがありません。
その話を昨日の授業で中3生に伝えています。
来週のテストは期待しています。

勉強の冬にしましょう。

冬の講習(締め切り迫る)

こんにちは。

中1・中2学調講習〔12月21日(金)~〕,小3~小6の定着度講習〔12月20日(木)~〕

がいよいよ始まります。

特に中1・中2対象に行われる県学調は一年を通じて最も難易度の高いテストになることは

必至です。

短い冬休みですが,年明けの大きなテストに備えて学習をしっかり行う必要があります。


締め切りまであと数日。塾生のご兄弟姉妹,お知り合いの方など,ぜひこの機会に参加を

ご検討ください。

Microsoft Word - 冬期講習福田





車掌さんに学ぶ 植原

こんにちは。数学担当の植原です。

桐光模試が終わり、採点をしてみて気が付いたことがあります。
数学で、高得点の生徒と、そうでなかった生徒との違いについてです。

幅広い単元の解き方を覚えていて、それをきちんと使いこなせている生徒は、
もちろん安定した得点率でした。

しかしそれ以外にも、大きなポイントがありました。

それは、計算が正しく行われているかです。

序盤の計算問題はもちろんのこと、その後の問題も、計算ミスによる減点が散見されました。
計算さえ合っていれば+15点ほど得点できた生徒が何人もいて、採点しながら、私まで悔しくなってしまいました。


ではどうすれば正確な計算ができるのか。
正しい計算手順、練習量などもありますが、車掌さんの指差呼称も、参考になります。
符号は大丈夫か、約分し忘れはないか、計算ミスはないか など、解きながら1つ1つ丁寧に確認していくのです。

これを先日、2年生に紹介しましたところ、
「えー!」「それ本気ですか?」と、笑いが起きてしまいましたが、
今後の対策授業で、成果を見ていきたいと思います。

クリスマスまであと1週間です

 こんにちは。

 小6のクリスマス工作では,工作に入る前,英語の授業を少しだけ行いました。

例えば,クリスマスにまつわるもの,(トナカイやソリなど),を英語で何と言うか?

一緒に発音してみたり,

キリストのミサ(祭り)に由来するクリスマスの知識,キリストの英語名など,

クリスマスの背景についても勉強をしました。


 先月もハロウインで盛り上がったばかりですが,東京渋谷での異常な盛り上がり

方などのニュースを見ると,日本人として恥ずかしくなります。

 そもそも,本来の祭りのことなど何も知らずに,単なる馬鹿騒ぎができる機会だとしか

考えられない残念な人もいることは事実です。


 クリスマスについて少し調べてみるなど,そんなちょっとした行動が英語やそれを使う

人たちの文化背景の理解につながります。それらを知った上で楽しむのがいちばんです。


福田校の校舎内も教室以外はクリスマスバージョンです。

IMG_0082
























IMG_0084














サンタバージョンのしっぺい君もいます。


IMG_0085


































 

小学生のクリスマス工作を実施しました。(12/10~)

こんにちは。

12月10日(月)~14日(金)まで,福田校では,「トコ★スタ」恒例!

クリスマスイベント,『クリスマス工作』を行い,小学生全員が参加しました。

この日ばかりは,生徒に楽しんでもらおうと,先生たちもご覧の通りのいでたち。

IMG_0079














IMG_0065













クリスマスボード(小6)↓
IMG_0067





















そして,マツボックリスマスツリー(小5~小3)↓

IMG_0076













オリジナリティーあふれる世界でひとつだけの作品をつくろうと

生徒達ひとりひとり,かなりの気合の入り方でした。

IMG_0029

















学調対策中1

こんにちは。

すでに始めている学調対策ですが,12月15日(土)

中1対策授業を新たに追加しております。

送迎等保護者さまの御協力をお願いします。


Microsoft Word - 11月特訓3連休








最大限の集中 植原

こんにちは。数学の植原です。

昨日の中学3年生の授業は、学院長が行いました。

過年度の入試問題を配ったあと、

・出題の傾向
・必ず取るべき問題
・どのくらい得点できれば合格が見えてくるのか

などの話に、みんな身体を前のめりにして、真剣に聞き入っていました。


その後、問題を解いていきましたが、今回は空気が全く違いました。
みんな、1問も落とすまいと、 入試本番さながらの緊張感が漂っていました。
写真を撮るのもはばかられるくらい、しんとしていました。

内申も出始めてくるこの時期。
3年生の、その真剣な思いに応えていきます。


 
アクセスカウンター

    ギャラリー
    • 中1・中2 桐光模試
    • 中1・中2 桐光模試
    • 学年末終了→中1・中2桐光模試に向けて,そして中3生は
    • 直前13日(水)中2対策
    • 桐光に通う日々も,・・・
    • 学年末テスト勉強会実施
    • 「あらゆる向き」 橋本
    • 「あらゆる向き」 橋本
    • 新中1 進学説明会
    記事検索
    カテゴリー