福田校 英語担当の瑜伽です。

 

福田校では中間テスト後に行われる「英検」にむけ、「対策授業」を行い、

全員合格を目指しています。

今日はその中でも主に中3生が受験する「3級」についての対策授業を紹介します。

 

3級筆記の問題形式は

1 文法問題(15<7>

問2 会話文(5)<3>

問3 整序(5)<3>

4a  ポスター内容問題(2)<2>

問4b 手紙文内容問題(3)<2>

4c  長文問題(5)<3>

※(  )内の数字は設問数で、<  >は目標正解数

 

このような問題((  )内は設問数)で、問題合計は35問となり、リスニングの30問と合計して65問です。

 

合格ラインは正解率が60。つまり65問中40問程度正解ができれば合格です。

では、65問中40問正解を出すためには…?

過去問を解いて、その出来不出来で一喜一憂するのもいいでしょう。福田校では各設問ごとに目標とする正解数を決め、解き方を教えています


【目標】

●リスニングは70%の正解を目指す…30問中21

●筆記問題は20問の正解を目指す…問題形式の<  >内の数字が目標正解数で計20


対策授業では主に問3の整序問題と問4の読解問題をの解き方を過去問を使って実践しています。

 

英検合格の戦略

1.各設問ごとに目標正解数を決める。

2.問3~問4の問題形式の特徴を知り、過去問を使って経験値を高める。

3.各設問ごとに解く時間を決めて問題演習をする。

 

以上。ただ過去問を解くだけではなく、目標設定や解き方(戦略)を持って試験に臨めば必ず合格できます。頑張ろう!

 

もちろん、4級や5級の受験対策も同じような対策を行っています。