2018年12月

中3生は内申も出て

第一回学力調査・中間テスト・期末テスト・第二回学力調査

志望校を受験校にするためのテストが終わりました。

ここから「合格を勝ちとる」ための勉強期間です。

それが分かっているのか

冬休みに入ってから、講習後や授業前に自主勉強に来る生徒が増えています。

また、もともと来ていた生徒も含めて、姿勢とスピードが変わりました。

集中して、夏休みとは段違いのスピードで問題を解いていきます。


全員がそうなっている・・・とは言い(え)ません。

ただ

「やるしかない」「がんばります」

思うだけ、言うだけではなく。

行動している人がいます。

願望ではない、気持ち(意志)は行動にあらわれます。


橋本

こんにちは。社会の鈴木です。

ブログでもスケジュールをお知らせしている通り、今週いっぱいで一度桐光も年末年始のお休みになります。
その分、というわけではありませんが、今週の中3生は昼の講習から夜の授業・対策までみっちり予定がつまっています。

この時期にがんばらなければがんばり時はもうありせん。
これ以上ないくらいの「勉強の冬」にしてください。


嬉しいお知らせがひとつ。
先週のブログでも書いた、社会のチェックテストの話です。
「10問程度のテストならほとんどの子がすぐに合格できるが、これが20問になると一気に合格者が減る」
という話を前回しました。
昨日実施した20問のテストは、2週前のテストと比べてぐんと合格者がふえています。
前述の通り、内容が難しいテストではないのですが、テストへの準備を怠らない受験生らしい生徒が増えたのはいい傾向だと感じています。

合格を逃している生徒にはもっと焦ってもらわなければなりません。
「焦るのかっこ悪いから」なんて思って、この時期にテストに落ちたのに笑っている方がよっぽど問題です。
早く焦った者勝ちです。


今日も昼からがんばりましょう。
メリークリスマス!

こんにちは。数学の植原です。

中学1,2年生はいま、年明けの県学力調査試験に向けた対策をしています。
学校の定期テストとは違って幅広い単元から出題されるため、対策授業ごとに単元を絞っています。

さて、2年生の数学の対策授業のことです。
特に苦手な生徒が多い、「証明問題」の単元を扱いました。
「えー!」「証明問題やるんですか」「わたしできない」
といった反応が返ってきました。私も学生時代、さっぱり解けませんでした。

しかし、解説をし終わった後、どんな流れで書けばいいか、骨組みの板書を半分ほど残して、もう1度取り組んだところ、かなりの生徒が、しっかりと書ききることができました。

証明問題のまっさらな解答欄をみると、多くの生徒が身構えます。ですが書くことは、8割方決まっているんです。
反射的に書けるようになるまで、今後も反復練習をおこなっていきます。 

「あう」という言葉にはたくさんの漢字があります。
冬期講習が始まり、福田校でも色々な「あう」について考えました。


「会う」:人と顔を向かい合わせること。
初めて講習に参加してくれた子との出会いも、以前に参加してしてくれた子との再会も、嬉しい「会う」です。学調前の大切な時期に桐光学院を選んでくださった保護者様に感謝しています。


「逢う」:(親しい人と)場所を決めて対面する。
塾生の皆とは、決まった時間に決まった場所(校舎)でいつも顔を合わせるわけですから、単に「会う」という以上の親しみや近しさを感じるこの漢字を使いたくなります。


「遭う」:嫌なことや人に偶然でくわす。
冬休みに入って、色々なところへ出かけることもあると思いますが、悪天候事故には十分気をつけましょう。もちろん風邪菌インフルエンザウイルスにもお遭いしないよう注意したいものです。


「合う」:別々の物・事がひとつにまとまる。互いに同じ動作をする。一致する。
集団授業は全員がバラバラのことをしていては成り立ちません。性格も学力も違う大勢の子が一つのことをし、(望ましくない)違いを修正したり、(より良い)違いを吸収しつつ切磋琢磨する場所が生まれます。


「ここでの勉強が自分に“合っている”」

「自分が成長できる場所に“会えた”」



短い講習の間にそう思ってもらえるような、力一杯の授業を展開していきます!

緑道

 こんにちは。

中3生の年末の日程は以下の通りです。

25日クリスマスは入試まで70日前となります。

あと2ヶ月余り,ここからでも頑張ればまだまだ伸びます。

誰もがさらにギアアップしてくる,そんな時期だからこそ

やらなかったら逆にどんどん追い越されてしまいます。

 年末の華やぐ季節の中で,自分は受験生であると,戒めな

がら,自分自身に厳しく出来るかどうかが大事だと思います。

中3生の冬休みの最大の課題は5日の模試で,成果を出すことです。


Microsoft Word - 文書 1

↑このページのトップヘ