2019年05月

こんにちは。

 

福田中では6月20日(木)・21日(金)〔実技教科〕に期末テストが実施されます。

特に,中1生にとっては初めて受ける定期テストになります。

定期テストはすべての教科を一度にテストするため,少なくとも2週間前から各教

科をまんべんなく復習してテストにのぞむというかたちになります。

小学校のテストとはまったく性質の違うものなので,確実に内容を身につけて,効

率よく準備することが必要です。

定期テストデビューとなる中1生対象に期末テストに向けて定期テストの勉強の仕方

のコーチングを来週に行います。


中1対象:

 

理科・社会・国語:5月27日(月)午後7:00~

 

英語・数学:5月30日(木)午後7:00~

※いずれも授業前に実施します。

 

(内容)

①定期テストに向けた家庭学習の仕方

②教科別の学習法

③桐光学院のテスト対策  


 こんにちは。

 

 日頃は,当学院の指導に御理解・御協力を頂きありがとうございます。

当学院も福田校を開設し30年近くになりますが,その間には文部科学省の

指導要領や福田中学校の状況も大きく変化してきました。

 その中で近年磐周地区の高校進学の状況を見てみますと,やはり内申点

確保が高校入試の合否を大きく左右することになっているのです。

 つまり当日のテストより内申書重視ということです。

また,「福田中は課題が多く大変だ」という生徒からの声も随所で聞かれ

ます。


 したがって,このような現実に対応するには,今後桐光学院で,今迄以上

に生徒に出される「学校課題」にも我々教師陣が手を貸していき,課題をき

っちりこなし期限までに提出できるような体制を塾の中でも作っていきた

いと考えました。

 中2・中3生には昨日24日の授業にて詳細を説明し,保護者様にお手紙も持た

せました。

 変更点など御一読いただき,御理解・御協力を改めてお願い申し上げます。

 

                       福田校 校舎長 杉村賢志
Microsoft Word - 文書 1

中間テストが返されて、学校でもテスト反省をします。

このテスト反省はやり方次第で次のテストの点数が10点違ったり、全く意味がなかったりと「やり方」がすごく大事です。

今回、理科で点数が悪かった生徒には「テスト反省」の指導をします。(反省しろ~!と怒鳴るわけじゃないですよ)

テスト勉強に使った教材と実際のテストを見比べて次のテストで点数を取るためにはどうしたらいいか、という検討を一緒にしていきます。

なぜ同じ課題をこなして自分は点数が取れず、取れている生徒がいるのか。

主な原因は才能の違いではなく、やり方の違いです。

結果から「ではどうすればいいか」を具体的に提示して次につなげていきます。

橋本

こんにちは。


本で読んだ話です。

例えば,ライオンなどが狩りをするときは,脳内で記憶力をつかさどる部分を大いに

使う時間帯だといいます。

このときライオンは極度に空腹な状態にあります。

実は空腹な時の方が,記憶力が著しく高くなる,と科学的に証明されているそうです。

 
生徒達は学校から帰って夕食前に勉強をするよりも,

ほとんどの人は夕食の後に勉強をしていると思います。

科学的には意外にも夕食前の空腹の時間の方が格好の時間のようです。


専門的にはおなかがすいた状態になったときに胃から出るグレリンというホルモンが

脳によい影響を与えるそうです。これは人間も同じ。


一方食後はこの物質が低下するだけではなく頭脳の活動は低下します。

 ライオンも空腹を満たしたら木陰で休息しますね・・・。

私たち人間も食後は眠たくなります。

 
 生徒にとっては部活動もあって,空腹な状態で勉強なんてとても力がでない,・・・

というのが本音でしょうが,休みのとき,もしくは中3でしたら夏以降,部活から引退後は

この「ライオンの話し」を参考にして夕食前の時間を暗記教科の暗記に時間を使って

みてはいかがでしょう。

※参考文献:「受験脳の作り方」池谷裕二(新潮文庫)

こんにちは。社会の鈴木です。

期末テスト結果は今日で全教科がそろう,という子が多いようです。
中2の社会も学年末から点数をあげた子が多く,教室に入ってくるときの顔が明るく,こちらも嬉しい限りです。

そんな中でよく聞くのは
「ここ,本当はわかってたのに!」
「うっかり」
「本番になったらド忘れした」
というような言葉です。

あとから見直して「やっちゃった!」と歯がゆく思うことはほとんどの生徒が経験があるのではないでしょうか?

テスト本番で焦ってしまう・緊張してしまうのは,本人の性格でもあるのでなかなか変えにくいものです。

「ではどうするのか?」
の答えとしては,少し気持ちが焦っても反射的に「ここはこう!」と答えが出てくるレベルまで反復練習をするしかないと思っています。

当日の焦りや緊張はあるものとして,むしろみんなが持っているものだからこそ「じゃあどうするか」を考えていきます。
植原先生が言っていた「練習しすぎがちょうどいい」はまさにその通りで,「本当はわかってたのに!」をなくすための最後のもう一回を増やしていくことが,地道だけれど,どの教科でも大事なことです。


 中間テストが終わりましたが,来週には期末テストの対策スケジュールが配布されます。
 タイトル通り,一息つく間もありません。 
 「わかってたのに!」があった子にもすぐに挽回のチャンスが来ます。 すぐに次の目標を見つめていきましょう。 

↑このページのトップヘ