2019年09月

残り10日。効率よく勉強する方法はあるのか 植原

こんにちは。数学担当の植原です。

先日土曜日に、 中間テストに向けたプレテストを行いました。

最低限おさえるべき問題を厳選しましたので、不合格の場合は必ず追試を受けて、解き方を覚えてもらいます。 


さて、生徒からこんなことを聞かれました。


「先生、平方根がわかりません」

「二次方程式の文章題が難しいです」

「数学を好きになるにはどうしたらいいですか」


どんな答えがいいのか、一瞬考えました。

なにか心理学などテクニックがあるか思いを巡らしましたが、



『自習にくる時間を増やしたらいいよ』

このように答えました。


2分考えてわからなければすぐに質問をすることや、勉強しない時間をどれだけ減らせるかなど、時間の使い方はアドバイスできますが、あとはどれだけ問題を解いたかに全てかかっています。


福田校で、毎回必ず授業の1時間前に自習に来ている3年生がいます。

その姿勢、とてもかっこいいです。


中間テストまで残り10日。

ひたすら問題を解いていってほしいと思います。



 

ラグビー・ワールドカップ開幕

 こんにちは。

 ラグビーのワールドカップが始まりました。

 

 
 初戦を勝利で飾った日本代表!録画で見ましたが興奮しました。

 


 福田中の中学2年生,福田小の6年生は大会中にエコパスタジアムに

招待されているのですね。

 


 うらやましい限りです。

 


 さて,このラグビーというスポーツ。


 ルールがいまひとつ理解できない部分もありますが,


 ボールを前に投げちゃいけないのがラグビーです。

(アメフトは前に投げてもOK

 

 そして,ボールを最前線にして、

 うしろに戻しながら、ゴールへ突き進む。


 それが簡単ではありません。

 身体がぶつかり合う迫力と,

 時には美しすぎるほどのパスをみせながら

 自分を犠牲にして他のやつらををかわしながらボールを持って


 走るスピード感もラグビーのすばらしさ。


 トライまでの途中,とにかくいろんな邪魔が入っても,それらを

 強い精神力でなぎ倒して,いろいろなものを克服して後,訪れる

 歓喜の「トライ」の瞬間。

 


 何か,受験にも通じるものを感じます。

勉強時間と勉強の質

 こんにちは。

 このところ,暑い日,涼しい日が混ざり合ってやってきます。

でも,時期はもうすっかり秋です。

10月になれば,受験生にとって受験まで5ヶ月という段階に入ります。


 さて,学力とは「学力=勉強時間×勉強の質 」といわれます。

この言葉の式は, 核心を突いたものだと思います。

 
 現在,一日の勉強時間が2・3時間程度というのは,明らかにおかしいと私

は思います。

 「量より質だ!」という言葉がありますが,そういう生徒に限って,質の高い

勉強は出来ていないものです。

 時間を確保した上で質を上げていくことで,学力は必ずついていきます。

 
 2時間程度で切りがつくような中途半端な勉強をしているようでは,勉強その

ものに深く入り込んでいないということがいえると思います。

それで切りにしている自分自身の心自体にも問題ありです。

この時期に1日をその程度の勉強で済ましているようでは学調の難易度をさらに

越えるレベルの入試にとても太刀打ちできるものではありません。


 部活も終わり,夕方の時間を有効活用していれば1日2~3時間で終わるはず

はありません。入試に向けたここからの5ヶ月,もういちど勉強時間,その質

ともに見直し,1日の勉強そのものを大切にして欲しいと思います。


 入試を突破するための方程式「学力=勉強時間×勉強の質 」を常にアタマに

忘れないで取り組みましょう。

 

中間テストプレテスト実施!

こんにちは。

中間テスト実施日は10月6日です。

残すところ2週間あまり。

体育大会も終わりました。

今こそ学習に気持ちをシフトするときです。

20日(土)は以下の日程で中1~中3全ての学年で

プレテストを実施します。

Microsoft Word - 中間テスト




リロード 橋本

ワールドカップの開催が二日後にせまり、テレビでの特集を視聴する機会も増えました。

その中で、日本チーム意識的に強化して武器にしていったことの一つに「リロード」というものがあるそうです。スペルはreloadですね。

弾などの「再装填」やデータの「再度の読み込み」の意味で目にする機会の多い言葉ですが、その時に見た番組では「倒れてから次のプレイを実行すること」の意味で使われていました。

一つのプレーを全力で行った、いかに早く次のプレーに移れるか。勝つための重要な要素です。

勉強も同じ。

次の目標は中間テストです。

月曜に渡した理科のテスト対策教材を、火曜に終わらせてきた生徒が何人かいました。

しかも「いつものメンバー」だけでなく、いつもは期限ギリギリになっていた生徒が、1日で終わらせてきた中にいました。

嬉しい変化です。

終わったことは終わったこと。

そのいかに次のテストの点数につながる行動ができるか。

受験で勝つための大切な要素です。

気持ちは、行動にあらわれて初めて意味を持ちます。

変わりつつある生徒が増えてきました。

橋本
アクセスカウンター

    ギャラリー
    • 中1・中2直前対策
    • 中3 期末テスト 実技対策
    • 小さな事件 鈴木
    • 小さな事件 鈴木
    • 中3テスト対策
    • 期末テストに向けて
    • 今年最後の標準模試 (中3)
    • ここからまたスタート 鈴木
    • テスト対策日程(期末対策)
    記事検索
    カテゴリー