部活の話ではありません。
今週実施される、中3の模試の話です。

最後の高校入試を今実施中の部活の最後の大会だとするなら、ここから実施される日々の模試は練習試合のようなものです。最後の試合のため、本番に近い状況での練習だといえます。

ですから、模試は最後のテストと同じような気持ちで受けて欲しい。



昨日3Aクラスでは理社国のテストがあり、終了時にテストの受け方を指導しました。

まず、時間を使い切ること。最後の最後まで見直しをしたり、分かりない問題に頭をひねらすこと。
これは、入試本番ではみんなすることですが、その練習を今もすべきだということです。

そして、時間配分。例えば部分点のとりやすい国語の作文を最後に解けずに終わるなんてことは、絶対にしてはならない。どの問題をどのくらいの時間で、どの順番で解くか、これを実践の中で学んで欲しいと思っています。


いい練習試合を。

稲田でした