こんにちは。社会の鈴木です。

学調前ラストの授業をしてきました。
土曜の講習・勉強部・授業内では実践問題に取り組んでいます。

最後に力をつけておきたいのは地理の資料問題だと思っています。
資料の見方・書き方のポイントをそれぞれの時間で伝えています。

その中で二つ、特に強調して話したことをあげます。

・割合と実数を間違えないこと
 グラフや資料に出てきた数字が「割合」を示しているのか、「実数」を示しているのか。
 これを読み違えて減点されたり全く違う解答をしてしまうということが多いです。
・誤字をしないこと
 こちらは社会に限らない基礎中の基礎ですが、小テストなどを見ていても誤字での失点はままあります。
 「この字は簡単だからさすがに間違えないだろう」という字でも、覚え違いをしているものもあります。
 もちろん一番は正しい漢字を覚えることですが、テスト本番では「点数を取ること」を一番に考えることが大事です。

塾の外では私たち教師が直接教えること、助けることはできません。
その分、当日精一杯の力が出せるようにと伝えられることを伝えています。
(言い出すとあれもこれも言っておきたい気がしてこらえていますが……)

中3、がんばってこい!