残りわずかとなったこの時期に、やってはいけない勉強というものがある。

自習に来ている女子などにも見られるが、「まとめノート」などの作成だ。

社会のあるページなどをそれはもうキレイにまとめている。

というよりもキレイに写しているのだ。

たくさん勉強した感じはあっても、頭にどれだけ残っているんだい?

同じまとめノートを作るなら、何も見ないで自分の記憶だけでまとめを作る勉強をしたほうがよい。

例えば、鎌倉時代をまとめるなら、源頼朝を起点に彼が何をしたか、そこからどのような制度や文化が発生したかを1から自分でまとめあげるのだ。

社会が得意な子は自分の中で歴史の物語が出来ているから、作ることが出来るはず。それが出来ないなら、最後の土日は意識して勉強してみるといい。


大事なことは「何も見ないで」どこまで書けるかだ。


これはインプットよりもアウトプットを重視した勉強になるから直前期でも有効だと思う。


今の時期、単純に暗記した知識は入試では使えない。

問題を解くにせよ、まとめるにせよ大事なことは知識を出し切る練習だ。