というタイトル



ですが、それを求めることは不可能に近いと思っています。



新入塾生の面談とかで言われるのは「勉強が面白いと思えるようにしてほしい。」という話。



すみません。勉強が面白いと思える人はそんないないですよ。



面白い、面白くないじゃなくて「やらなきゃいけないから、やる。」「やるからには少しでも良い点数をとる。」



そういうものだと私は考えています。



勉強の動機をいちいち考える子は確実にやらないための理由を探していきます。



「将来役にたつわけじゃないから。」


「どうせできないから。」



幸い、福田校に来ている子達は皆がむしゃらに頑張ってくれています。



面白くない勉強でもきちんと取り組めるように指導していくことが大切ではないのかと思います。




ただし、我々大人は「なんで勉強するの?」という質問に対する答えをしっかり自分の中に持ちましょう。



それさえあれば教育方針はぶれません。