先日から電話でも入試結果を聞いており、卒塾生から嬉しい言葉を貰いました。



「先生の言った通り、時間配分を守って最後何度も見直しをしたおかげで点数がとれました。」



受験直前の指導は毎年大きく変わるものではありません。



特に数学においては出来る問題を確実に出来るようにするために何が出来るか。見直しの重要性と時間配分、その習慣をつけるのに時間がかかります。



入試本番中に塾での言葉、アドバイスで少しでも行動が変わった。意識が変わったのだったら、教師冥利につきます。



また、そういう言葉を言ってもらえることは幸せです。



本当に褒めるべきは、そこに至るまで頑張ってきた本人の努力ですが、それを活かせるような言葉、指導を今年も最後しっかりやってあげたいと改めて感じました。