これから新入塾の生徒も増えて、校舎の雰囲気もまた変わってくるでしょう。


入塾したばかりの子や、講習に参加していた子達は


桐光の授業を受けてこういう感想をもってくれます。


「わかるようになった!」


そして、前からいる塾生はこういう言葉がでてきます


「わからない!」



どちらの言葉も正しくて、前者の子たちは、手取り足取りしてあげる中で、今はわかったような気になっており、後者の子はテストや模試で問題が解けなかったりして、わからない。できない。と悩むわけです。




新入塾のみんなに待っているのは、「わかるようになった!」が「わからない」「できない」に変わっていくこと



でも「わからない」は決して悪い言葉ではありません。



その「わからない」問題に向き合うことが塾に来ている理由です。



私たちは、すぐに教えないこともあるかもしれません。


あえて、教えずに自分の言葉で聞けるようになるまで待つこともあります。


最後はあくまでも「自分の力」で解けるようにならなければいけないからです。



本気で生徒の点数を伸ばしたいと思ったとき、どうするか考えてみてください。


手助けなしで解けるようにさせたいと考えるはずです。


手助けをしないことと放っておくことは違います。