塾の教師の武器は「しゃべり」です。



教えるにしても、指示を出すにしても、この「しゃべり」がしっかり出来ないことにはプロとは言えません。



ただ、上手に話すことや厳しく叱ることだけでは生徒は成長していきません。



最近は、もっと大切にしなくてはいけないのは説き続けることかと思うようになりました。



例えば、教室がざわついているときに



私や稲田先生が大きい声で叱れば、その場は静粛になります。



でも、その場から教師がいなくなったり、場面が変われば同じようにざわつきます。



叱るでもなく、甘い言葉を言うのでもなく、なぜやらないといけないかを説き続けること。



真剣に私たちが話をすることで、子供たちは納得して理解してくれるようになります。



「勉強しなさい。」と頭ごなしに言っても、行動が変わるわけないですからね。



私が「勉強しなさい。」という言葉をださなくても、勉強しなくちゃいけないと思わせるような話と空気、そして掲示を作っていきたいと思うわけです。




securedownload[1]


昨日の中2の勉強態度は非常に良かったです。