securedownload[1] (2)


タイトルは昨日の夕方、追試を受けに来た中3生の言葉です


今回、中3の数学の追試は基本的に1回のみとしています。


合格基準は全問正解です。


平方根と二次方程式の計算で落としていい難易度の問題は1問もないから


だから、集中力と絶対に全問正解するという勉強をして追試に臨んでもらいたいというのが狙いです。


追試で間違いがあっても、それで終わりにします。


そういう勉強をしてきたということだから。


昨日、夕方に来た子達、数名には少しだけそういう話をしました。


そこから、全員が本当はよく分からなかった問題の解き方を質問してきました。


結果的に間違いが2つ出てしまった子は「もう1回やらせてください。」と言ってきました。


私が教えた1問1問を自分のものにしようと何度もトライしているのがよくわかります。


たった1問でもその問題を完璧に理解していくことが、どれだけ役にたつかを実感する時期です。


生徒が成長していく瞬間です。