中3生にとって内申を決める大事な定期テスト


その第1弾の中間の結果が揃い始めました


この日のために多くの時間、桐光で勉強してきました。


3年の2学期で大切なのは内申を1でも上げるためにどの教科に力を入れるかも考えなければいけません。


はっきり言ってしまえば、25点でも35点でも結果的に内申が3だったら意味がないのかもしれないというところです。


ただ、これは極論です。


25点が35点になることは受験というゴールに向けては意味がもちろんあります


それでも今回これだけ対策をしてきたのは30点台だった子達が40点の壁を超えること


40点前後の子達が45点の壁を超えることを目指してきたからです。


それこそが内申UPに確実に結びつきます


40点を超えた子達は内申で4が目指せます


45点を超えた子達は5の可能性も上がります


数字はまた出していきますが全体の点数としては良いです。


この点数を武器にして期末に向けて取り組まなければいけません。