理科担当の稲田です。

中1・2は
期末・桐光模試と
テストが続きました。


中2は先日の記事にもありましたが
素晴らしい数学の結果についで
理科も学校の平均を大きく上回っています。
ひとりひとりも「理科はできた!」
そう感じている子も少なくないでしょう。

他方で先日の桐光模試
今回はかなりレベルを上げてのテストでしたが
手応えはいかがだったでしょう。
実は早速私は採点を実施しましたが
定期テストのようにはいっていませんね。



「模試・実力テストがとれるのは頭のいい子」

そういう考え方はありませんか。
私もこの仕事をするまでそう考えていました。



実はそれは逆だと思っています。

飛びぬけてできる子は例外として
要領がよく(いわゆる頭が良く)
少ない勉強時間で定期テストの点をとってきた子は
実力テストに弱い傾向にあります。

これは新入塾の子に顕著に現れる傾向です。



その理由は
問題に向き合った時間・回数が少ないので
深く定着していないからだと考えています。


簡単に覚えられないから
やってもやっても不安だから
学校のテストが難しいから
勉強時間がのびる理由は様々ですが
日々の努力はこういうところで花咲きます。


知っておいてください。



稲田でした