中3は学校での進路面談が始まりました。


内申がわかり、志望校はどこどこにする。


これまでの数字からザックリと行けそうかそうでないかを言われるわけです。



その話を受けて桐光では具体的な数字やデータを見てもらい、総合的に判断してもらうのですが…


1番多い質問は

「今の状態で受かりますか?」

という内容


答えは

「わかりません」

受かっている子が多いか少ないかは数字で判断できます。


ただ、入試問題は今までにないレベルで出題される可能性が高いです。


今までのテストだけでは判断しかねる部分もあります。

   
それ以上に大事なのは、これからの2ヶ月をどう過ごしていくかということ


子ども達の力はここで止まるわけではありません。


入試に向けて1問・1点でも多くとるために何ができるかを生徒が中心になって考え、そこを私達教師陣と保護者様が後押ししていきます。


そのために以前書いてもらった、学調結果からの自分のやるべきことを検証する場でもあります。


最後の進路面談は私や保護者様が中心ではなく、あくまで生徒が中心の面談です。