こんにちは。

 期末テストも終わり,夏休みを待つこれからの時期。

毎年,この時期になると,中1生に授業で強調することがあります。

勉強に関して,この夏の過ごし方が中1生にとってものすごく大きな意味を持ってくる

ということです。

 中1にとって,大きなヤマ場となるのは2学期です。

 一般的に,2学期に大きく点数を落とす生徒が多いのが実情です。

 また学校の同学年(クラス)の中でも学力格差が出てきます。

 その理由は,

 ①教科内容がどの教科も難しくなる。でも勉強量は増えない。

 ②中1の始めには高かった勉強意欲も,テストで現実をたたきつけられ,モチベーションが下がる。

 ③中3が抜けて,部活が忙しくなる。

 以上が主な理由だと思います。

 1学期の期末テストでまあまあ,よい点数が取れてしまった生徒の方が危険かもしれません。

こんなものかと甘く見ると,2学期にたたかれるのです。。

 
 英語に限らず,中1の1学期の内容はどの教科も入門的な内容でした。

 中学生らしい内容はむしろこれからで,教科内容はより深くなってきます。

 憶えることもドンドン増えてきます。

 勉強量が足りなければ当然成績は落ちてきます。
 
 そんな2学期の前にこの夏,1学期の復習をしっかりと固めておくこと。

 これはとても大切なことです。