こんにちは。

  福田校は本日12月28日〔金〕が講習・通常授業ともに年内最終日になります。

 
 さて,静岡県の公立高校入試では,中3の2学期の内申点が調査書に記入され,

合否を決める大きな要素となります。

 受験生にとって運命を決めるほどの重みを持つ内申点・・・。

 福田校の今年の受験生の2学期の内申点が出るまでは,私もはらはらドキドキで

したが,全体的にはほとんどの生徒が内申点が上がり,大幅アップ(+3~4)も数名

出ました。

 塾生全員の平均にしてみると,+3点に届くほどです。頑張った成果ですね。

但し,これが仇になるということも考えられるわけで,・・・ここからが重要です。もしも,

磐田地区の他中学校でも上記のような同じ状況があれば,人気校を諦める人が少なく

なり受験者が集中します。

 慎重な選択が本来なのに,イケイケムードの中で人気校に集中して競争率が上がる

可能性も否定は出来ないでしょう。

 
 そんな中で合否を決めるのは,やはり当日の得点という事になります。

1月に入れば,冬休み~入試2ヶ月前,この2ヶ月の取り組みが合否を分けるのです。内

申が上がった生徒にあえて苦言を呈する形になりますが,入試に「油断は禁物」なのです。

しばらくのあいだお休みになるので,生徒に会えません。念を押しておきます。気を緩めたら

負けです。「冬来たりなば,春遠からじ」あと2ヶ月春を呼び込むためにも冬の厳しさに立ち向

かっていきましょう。