こんにちは。

 すでに今月初めに行われた平成31年度の入試の結果~最終的な倍率

などがまとめられて「県教委」のHPなどでも公表されています。

 今年の磐田地区の入試は例年と比べてどうだったのでしょうか。

 
 トップ校である磐田南高に関しては,昨年の普通科での定員割れ,という

特殊な状況はなくなりましたが,理数科の高倍率の状況は変わらず,トップ校

らしい競争の厳しさが再燃しました。

 
 例年と違って,やはり特筆すべきは,磐田西高校(普通科)が過去の倍率

と比べると,ここ数年にはなかった高い倍率となり,厳しい状況になったこと

です。

 
 磐周地区まで広げるとナンバー2の位置にいる袋井高校は大きく定員がわ

れるなどの状況から,高倍率に心配した磐田西志望の受験生が直前になって

袋井高校に志望校を「落とす」?,ではなく「上げる」生徒が出てきたほどです。


 実業系の高校では科によって高いところ,と不人気のところの差が激しく,

磐田農業高校の食品科学・生活科学,掛川工業の環境設備などの高倍率が

目立っています。


 袋井地区を除いた磐田地区では,磐田南に次ぐ普通科高校は「磐田西高」

という状況がさらに色濃くなっていくのは必定です。

 磐田西高校志望の生徒は厳しい競争を勝ち抜く力をつける必要があります。

Microsoft Word - 入試結果磐田