こんにちは。

 小学校から英語が正式教科として始まるという話はご存知ですか?

 

現在,小56を対象に「外国語活動」として週1コマ実施しているのが

2020年度から正式教科になります。英語の成績もつくわけです。


 さらに「外国語活動」として小34から英語が導入されます。

 

 生徒達にも時折,小学校での英語の授業「外国語活動」の内容を聞いていますが,

ゲームをしたり歌を歌ったり,現在は英語の授業は楽しく遊びっぽくやっているよ

うです。


 会話を通して英語を「聞く」「話す」体験に慣れ親しむのが目標とされてい

るので学校でもそれでよしとしているのでしょう。

 


 ところが,次の学習指導要領ではこれに「読む」「書く」を加え,英語の4技能

を使った言語活動が行われるようになる,としています。

その目標は、「コミュニケーションを図る基礎となる資質・能力の育成」です。

 

つまり要求される英語のレベルが一気に上がるのです。

もはやお遊びではなくなるような気配です。


 中学校から英語をスタートしていた今までと違って,中学校に入る時点で英語に

学力差があったり,そういう状況からさらに英語嫌いが増えるのではないかという

懸念も広がっているようです。

私は英語担当ですが,英語を教える立場の責任もますます大きくなります。


20190327-OYT1I50013-1[1]