こんにちは。社会の鈴木です。

 2019-05-28 10.59.23
昨日は中1の【学習の仕方コーチング】理科・社会編でした。
理科と社会は,共通して覚えることが多い教科です。
覚えるコツといっても,究極的にはズバトコやワークを繰り返し解くという地道な方法が一番効きます。

「これひとつだけあればOK」という法則がない分,私が一番伝えたかったのは【いつから】【何から】勉強を始めるか,ということです。

社会は,学校ではテスト週間になるとワークの宿題を出されますが,普段の宿題としてはほとんど使っていないと聞いています。
ワークは教科書のまとめとしてとてもいい助けになりますから,テスト週間の勉強としてももちろん使ってもらいたいです。ただ,全教科でワークや基礎問の提出がある以上,テスト範囲が発表されてから0からスタート……となると当然ですが大変です。
テスト前の課題が大変ということを見越して,はやめはやめで動き始めること。当たり前ではありますが,一年生には知識として知っておいてほしいことです。 

そのサポートをするためにあるのが先日からお伝えしている自立学習の時間です。
一年生からも積極的に参加したいという声をもらえており,そのやる気を嬉しく思っています。
お手紙をご確認いただき,ぜひご参加ください。