夏期講習が始まったころ「自分だけの“間違いノート”をつくろう」

という話をしました。

学調まであと2週間を切った今、学調テキストが一通り終わって、「わからないところ」を質問しに来てノートに熱心に書く生徒が増えてきました

昨日は、ほかの生徒が質問した内容も「メモしておこう」と隣でノートに書く生徒も多くみられました。

頑張ろうという「気持ち」が行動にうつっています。

ただ、点数を取るにはここから大事。

「できなかった問題」をできるようになるまで繰り返し演習すること。

できないところを「発見」のあとの「克服」です。

学校が始まるまでのあと1週間足らずで、どれだけ問題数をこなせるかが勝負だと伝えています。

あと1段階、行動を変えられるよう指導していきます。


橋本