こんにちは。社会の鈴木です。

どうしてもこの時期は学調の話ばかりになってしまいます。
社会の設問もはじめての聞き方をされるものがいくらあり,解き慣れない形式に戸惑ったという声も聞きました。
ただ,みんな同じ条件で取り組んでいるので,難しい問題に関しては解けていたら素晴らしいですが,そこが今解けないことを気にしすぎる必要はありません。
(もちろん,次に同じ問題が出たらもう「慣れない問題」ではないので次に間違えないための反省は必要ですが。)
何もかもが難しい問題というわけではなく,テキストでやったことがある問題・基本的な問題はありました。
「よく見たらこれは解けたなあ」という問題はどのくらいありましたか?
「解けたはずなのに!」をなくすための繰り返しをあと何回すればいいか。悔しさを次に繋げていきましょう。

黒板のカウントダウンの文字は「学調まであと○日」から「中間テストまであと○日」に変わっています。
テスト対策に入ると先週配布された秋の学調テキストだけに集中できる期間は一旦ストップします。
昨日もテキストを進めに来た生徒はいます。「いつ」「何を」やるか,次の目標・その次の目標を意識して動ける子が,この夏を通して増えました。
中間テストは,その努力を確実に結果に繋げます。