理科担当の橋本です。

中2と中3の問題をみました。

難問は少々あるものの、ヒラメキや才能がないと正解できない問題はほぼありませんでした

「どれだけ実のある勉強をしたか」がストレートに反映されるテストです。

平均点を下回った生徒は「自分としてはがんばっているつもり

高得点を取れた生徒は「周りから見ても勉強して」います

テスト前にも書きましたが、今回もその場での理解力よりもコツコツできたかどうかで点数が決まっています。

このつもりをなくす、つまり「自分的にはがんばっている」と「周りと比べてもがんばっている」の

ギャップを埋めるには

しんどい思いをして「自分的には」をなくす、つまり他の人の基準で勉強してみることが必要です。

楽ではありませんが、学習を通して大きなものを手に入れるチャンスです。

中学生、ここが踏ん張りどころです。

橋本