こんにちは。数学担当の植原です。

3年生は、学調試験が今週にひかえています。

 数学では、計算が完璧にできて20点ほど。作図や確率、資料や図形(加えて、関数の最初の問題)ができれば35点程度は取れるようになっています。
そのため、最低でも計算問題は死守し、あと数問、得意な単元で得点できるよう、小テストなどで練習しています。


本番でもしっかりと得点できる生徒と、練習ではたまに満点がとれるのに、本番ではぽろぽろとミスをしてしまう生徒の違いはどこにあるのか考えたのですが

こたえは、目標点数
以上をとれる力があるかだと思いました。

よくいわれる、40点とるためには50点を取るつもりで勉強しろ というものです。


ピアノで例えますと、10回中1回しかノーミスで弾けない状態で発表会に出るのと、10回中9回はノーミスで弾ける状態では、本番の自信は全然ちがうと思います。

計算はできてるから、と油断させることなく、徹底的に練習していきます。